/

防災・コロナ対策に74億円 愛媛県、6月追加補正案

会見に臨む愛媛県の中村時広知事(14日、県庁)

愛媛県は14日、新型コロナウイルスの感染対策や防災対策に関連する総額74億円の2021年度6月補正予算案を追加発表した。院内感染の防止対策として簡易診察室の整備や空気清浄機などの購入費用を補助するほか、道路の改築や堤防整備に伴う橋の架け替えなどの防災対策も実施する。

新型コロナ対策を巡っては県立病院での感染者の受け入れ体制の強化に向けて人工呼吸器や集中治療室(ICU)も整備する。医療機関や高齢者福祉施設などで感染者の対応にあたった医療従事者や施設の職員など約1300人を対象に1人当たり5万円の慰労金も県独自で支給する。

新型コロナの影響で売り上げが減少する宿泊事業者を支援するため、施設内の感染対策に必要な経費を補助する予算なども盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン