/

島根の大学生らに起業の秘訣を伝授 「創業塾」を設立

中国地域ニュービジネス協議会島根支部は起業や新規ビジネスに取り組む人材を増やそうと「創業塾」を設立し、15日に島根県立大学(浜田市)で連携講座を開催した。若手経営者や起業を志す社会人らを対象にした経営勉強会は各地に多数あるが、経済団体による大学生らを対象にしたこうした試みは珍しい。

島根県立大学で講演する吉原木工所の吉原敬司専務

この日の講師には吉原木工所(浜田市)の吉原敬司専務が登壇。時代の変化に合わせて伝統工芸の組子細工を現代風のインテリアによみがえらせた自らの経験を紹介し、「自分の好きなことを見つけることが大事。待っていても見つからないので、自ら探しに出てほしい」などと訴えた。聴講した3回生の遠藤圭記さん(20)は「失敗も捉え方によっては失敗ではないということを学んだ。自分も熱中できることを見つけたい」と話した。

創業塾は大学生や高校生らを対象に今後も継続して開催する予定。同協議会島根支部長でソフト開発会社オネストの石碕修二社長は「事業承継も課題だが、若い人たちの起業が増えることが地方活性化には大切。創業塾によって起業への意識醸成を図りたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン