/

仙台市、6月12日からワクチンの集団接種開始

仙台市は14日、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンの集団接種を市民センターなど22会場で6月12日から始めると発表した。主に土日祝日を接種日とする。5月31日から市内の420の医療機関で始める個別接種と合わせて、7月末までの接種完了を目指す。

集団接種は31日からコールセンターへの電話と、専用サイト上の入力の2種類の方法で予約できるようにする。31日から6月2日までは受け付ける対象を75歳以上の人に限定する。

集団接種を希望する人は、市から送られている接種券の情報を電話で伝えたり、入力したりする必要がある。当日には接種券とマイナンバーカードなどの本人確認書類を持参する必要がある。

大規模接種会場の設置については宮城県や東北大学と調整を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン