/

この記事は会員限定です

コロナ病床確保奏功、秋田県が首位 東北の感染対応力

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

東北6県の新型コロナウイルスへの対応力のランキングでは、患者に対して十分な病床を確保するなどした秋田県やPCR検査体制の拡充などに力を入れた山形県が上位だった。一方、大都市の仙台市を抱え、人口が集中している宮城県は感染経路の特定が進まなかったことなどから下位となった。

東北で総合順位トップの秋田県は全国でも上位に入った。ピーク時の重症者向け病床使用率や感染経路不明者の比率が全国でもトップクラスの低...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン