/

石川、金沢市に「まん延防止」 聖火リレー公道中止

石川県は14日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる「まん延防止等重点措置」の適用に伴う対応を決めた。金沢市を対象とし、期間は16日から6月13日まで。市内の飲食店に要請している時短営業の期間を延長し、新たに酒類提供の終日自粛を求める。5月末から予定されていた公道での聖火リレーは中止する。

金沢市への「まん延防止措置」適用を発表する谷本知事(14日午後、石川県庁)

谷本正憲知事は、措置の適用で「法的な裏付けに基づいた感染防止対策を講じることができる」と話した。県内の感染者の半分を占め、飲食店の6割が集中する金沢市で対策を強化する。

31日までとしていた、飲食店への時短要請や「兼六園」など県の施設の休業期間を、6月13日まで延長する。飲食店での酒類提供やカラオケの利用も自粛を求める。大型の商業施設にも時短営業を要請した。応じた飲食店や施設には、規模や営業時間に応じ、協力金を支給する。

5月31日と6月1日に予定していた東京五輪の聖火リレーは、公道での実施を中止する。来週以降、代替措置を検討する。

石川県の14日の新規感染者は45人。医療体制が逼迫しており、感染力の強い変異ウイルスの割合は9割にのぼる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン