/

この記事は会員限定です

マツダ、「足場固め」途上 業績は前期底打ち

[有料会員限定]

マツダが本格的な成長に向けた「足場固め」とする期間が2022年3月期で終わる。高い利益率が見込める高性能の新車「ラージ商品」を来期投入するのを皮切りに、中期経営計画の着地とする26年3月期には販売台数180万台(今期予想比3割増)、営業利益率5%以上(同3.1ポイント上昇)を目指す。一方、成長のカギを握る米国や中国市場では途上の取り組みもある。目先では半導体不足をこなす必要もあり、中計達成への道はまだ険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン