/

この記事は会員限定です

農業の省エネ 山梨は栽培最適化、群馬は集約化が奏功

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

関東・山梨1都7県の農林水産業では、山梨・群馬・栃木の3県が産出額1億円当たりのエネルギー消費の削減幅が10年前比20~36%と大きかった。ビニールハウス栽培の省エネ対策と単価の高い農産物を増やす高付加価値化がダブルで奏功した。一方、東京・神奈川・千葉の3都県は台風被害や後継者不足で農業生産額が落ち込み、産出額当たりのエネルギー消費が増える結果となった。

果樹栽培が主力の山梨県。10年前との大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン