/

新潟県・楽天・第四北越FG、地域活性化へ6項目で連携 

新潟県、楽天グループ第四北越フィナンシャルグループ(FG)は16日、包括連携協定の締結式を開いた。地域経済活性化に向け、域外からの関わりを持つ「関係人口」創出や県内事業者の販売力強化、観光振興など6項目で連携する。

関係人口創出では、マーケティングデータを使った関係人口拡大戦略ワークショップを開催する。県庁職員のデータ活用力を高め、政策に生かす。県産品特集サイトの効果測定や消費傾向分析を進め、新潟県に関心を持つ人を増やす。

新潟県と第四北越FG傘下の第四北越銀行は2016年に地方創生に関する包括連携協定を結び、県内事業者の販路開拓支援や創業・第二創業の支援などの取り組みを実施してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン