/

山梨大学など、武田神社酵母のロゼスパークリングワイン

戦国武将・武田信玄のかつての居城「躑躅ケ崎館(つつじがさきやかた)」跡に創建された武田神社で採取した酵母を使用し、甲府市産ブドウ100%で醸造したワイン「甲府ロゼスパークリング2021」が完成した。3000本限定で、16日から山梨県内で販売するほか、製造元の甲府ワインポート(甲府市)のオンラインショップでも販売する。

山梨大学ワイン科学研究センターが武田神社で酵母を採取し、甲府ワインポートが甲府市産のマスカット・ベーリーAと甲州ブドウを使って醸造し、マツムラ酒販(同)が県内での販売を担当する。720ミリリットル入りで2970円。

山梨大ワイン科学研究センターの柳田藤寿教授は「2019年の甲府開府500年を記念して、武田神社のお堀の水から酵母を採取し、これまで白と赤(のスパークリングワイン)を造ってきた。世界的にロゼブームなので今回、ロゼを造った」と話した。

甲府ワインポートの久保寺慎史社長は「果皮と実を一緒に低温で醸し発酵した。一般的な甲州ワインの爽やかな味わいに厚みが出て、香りが増している。香りはクランベリーなど赤い実の香りに、後ろから甲州のバナナやシナモンなどの香りがして厚みがある。味は酸味があり炭酸ののどごしがよくなっている。色はピンクにゴールドがかかった新しいワインの色合いになっている」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン