/

この記事は会員限定です

中四国、製紙やコンビナートでバイオマス発電

データで読む地域再生 中四国

[有料会員限定]

森林資源やパルプ生産から発生するバイオマス資源の多い中国・四国地方で、バイオマス発電が拡大している。多くの県の森林面積比率が7~8割前後と全国平均を上回る中で、森林資源を有効利用する狙いも大きい。エネルギー多消費型の素材型産業などは、重油や石油からバイオマスに主燃料を転換し、温暖化ガスの排出量削減につなげようとしている。

データで読む地域再生

愛媛県の2020年末のバイオマス発電容量は5年前に比べ約7倍の9万4000キ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン