/

東京スカイツリー開業10年 来場者「子が成長したよう」

世界一高い自立式電波塔の「東京スカイツリー」(東京・墨田)が22日、開業から10年を迎え、記念イベントがスカイツリー周辺で開かれた。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんによる演技などが披露され、多くの来場者でにぎわった。高さ634メートルにちなみ、先着634人には地元の革職人がつくったコースターが贈呈された。

イベントに参加した東京都台東区の写真家、新湯哲生さん(58)は「子が成長したような気持ちだ」と笑顔。千葉県市川市の女性(69)は「建設地が決まったときは『こんな場所に』と思っていたが、いまや世界のスカイツリーになり信じられない」と感慨深い様子だった。

スカイツリーには開業した2012年5月22日からの10年で4070万人が来場した。商業施設も含めた「東京スカイツリータウン」全体としては3億1420万人にのぼる。運営会社の岩瀬豊会長兼社長は記念式典で「開業1年前に東日本大震災があったが、被害なく建設が進み、復興のシンボルとして取りあげてもらった。地元とともに成長し続けることを約束する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン