/

この記事は会員限定です

長野・塩尻市のテレワーク事業、新型コロナ禍で注目

信越トピックス

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長期化するなか、長野県塩尻市の「KADO(カドウ)」が改めて注目されている。子育てや介護などで制約のある人が好きな時間に働ける仕組みとしてスタートし、丁寧な仕事などが評価され、企業や自治体からの受注を増やしている。時間などの制約が緩やかな働き方はテレワークとの親和性も高く、他自治体からの関心も高まっている。

2020年11月、JR塩尻駅周辺で自動運転バスの実証実験が行われた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン