/

この記事は会員限定です

西日本豪雨4年 岡山の金融機関、コロナ対応に生かす

[有料会員限定]

平成最悪の水害となった2018年の西日本豪雨から6日で4年となる。岡山県を流れる小田川の堤防が決壊するなどして地区の約3割が水没し、最も被害の大きかった同県倉敷市の真備地区では、地域経済を支える金融機関も被災した。各社は当時の経験を日々の業務につなげている。

「豪雨を乗り越えた経験を新型コロナウイルスへの対応に生かすことができた」。こう話すのは、吉備信用金庫(総社市)地域サポート部の内田耕輔氏。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン