/

この記事は会員限定です

北信越のコロナ対応、「福井モデル」医療と早期連携

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は各自治体が状況を見極め、独自の対応策を打つ必要があった。日本経済新聞が「医療」「ワクチン」「検査」の3つの視点から9指標を選んで都道府県別に順位付けすると、北信越だけでなく全国でも福井県が総合トップとなった。「福井モデル」として感染経路の特定を重視し、早期から行政と医療関係者との連携を深めて先手の対策につなげた。

「医療資源が枯渇してから新しいことを始めるのは難しい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン