/

学生の地域参加を応援 金沢大学、新プロジェクト始動

金沢大学は学生と地域の人との出会いを促し、地域課題の解決を支援する新プロジェクト「AERU(アエル)」を始動した。コロナ禍で学生同士やキャンパス外の人との出会いの機会が減ったのに対応し、農業体験やワークショップといった課外活動のイベントを統一ロゴでPRする。

「AERU」のロゴマーク

AERUは、いろんな人に「会える」、個性や強みを「和える」、みんなで学び「合える」の3つの意味を込めた。田植え体験や草刈りといった単発のイベントで学生同士の仲間を増やすだけでなく、石川県内の農家など地域の人と課題解決のアイデアを話し合うワークショップにも力を入れる。

石川県内のブドウ農家で実施した農業体験プログラム

金沢大は毎年、農業体験プログラムなどを企画しているが、一過性のイベントが多く、地域の人とのつながりが続かないケースもあるという。担当教員の篠田隆行准教授は「これからはもう一歩、ステップアップしたい。地域課題の解決につながる学生の商品開発などにも期待している」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン