/

テレワーク改めて徹底を 小池知事が東商に要望

小池知事(右)と東商の三村会頭はコロナ対策で意見交換した(13日、都内)

東京都の小池百合子知事は13日、東京商工会議所の三村明夫会頭と都内で会談し、新型コロナウイルス感染抑制に向けて「テレワークがより定着するよう改めて経営者から(従業員に)声かけしてほしい」と要望した。小池氏は人出と感染拡大に「ほぼ相関がみられる」とした。

都の調査では都内企業のテレワーク実施率は3月後半で56%と2月前半の65%をピークに低下傾向にある。三村氏は協力姿勢を示しつつ、「小売業や建設業などやむを得ず実施できないのも一つの実態だ」と述べた。

一方で三村氏は、都が営業時間短縮要請に応じた事業者に支給する協力金について、「簡易な方法で迅速な対応をお願いしたい」と訴えた。12日からの「まん延防止等重点措置」期間では店舗の売上高に応じて支給額を変える仕組みとなる予定で、申請や審査がこれまでより複雑になる可能性がある。小池氏は「なるべく早くお届けできるように工夫していきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン