/

ダイニチ工業、前期税引き利益27%減 22年3月期

暖房機器メーカーのダイニチ工業が13日に発表した2022年3月期の単独決算は、税引き利益が前の期比27%減の10億円だった。売上高は8%減の210億円。新型コロナウイルス禍で好調だった加湿器の需要が落ち着いたほか、21年秋・冬の平均気温が高く推移し暖房機の販売も不振だった。鉄などの金属類の原材料の価格高騰も影響した。

22年3月期から「収益認識に関する会計基準」を適用しており、増減率は同基準を適用した前期決算と、以前の基準を適用した前の期の決算から算定した。

23年3月期の売上高は前期比微増の212億円、税引き利益は3%増の11億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン