/

八丈島で合宿形式のIT人材育成講座 東京都が実証事業

東京都は島しょ地域でIT人材を育成し、関係人口の創出や移住・定住を促す実証事業を始める。都がeラーニング大手のネットラーニング(東京・新宿)に委託し、東京・八丈島での合宿を含むITエンジニア育成講座の受講者の募集を始めた。事業費は約3000万円。

八丈町と連携し、希望する受講者には島内の求人やリモートワークできる企業を紹介する予定だ。実証事業の結果から他の島しょ町村にも順次展開していくほか、民間事業者が中心となり同事業を継続していく方法を検討する。

オンライン学習中心の未経験者向け講座は、11月13日から4カ月間で受講料は33万円。11月5日まで参加を募る。3週間島に滞在する短期集中講座は受講料10万円。11月15日からと12月6日からの2回実施する。応募締め切りは10月23日で各回3人程度を募る。各講座の修了者にはデジタル証明「オープンバッジ」を授与する。

島内在住者向けには無料でスマホやPCなどの講座と、資格取得などのためのeラーニング講座(定員100人)を提供する。都はデジタル技術を活用した島しょ地域の社会課題解決プロジェクトに取り組んでおり、実証事業により移住・定住の促進とデジタル技術の普及を目指す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン