/

この記事は会員限定です

生活と観光両立のいちごの郷 宮城・山元町

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

宮城県南端にある山元町の復興商業施設「やまもと夢いちごの郷(さと)」が活況を呈している。2019年2月のオープン以来、昨年11月には早くも来場者100万人を突破。コロナ禍でもいちごを求める観光客と、海産物や農産物を購入する町民との相乗効果でにぎわう。

3月下旬の平日の昼下がり、店内は町名産のいちごのハイシーズンを買い求める客で売り場はにぎわった。「平日でも6:4の割合で地元と町外から人がきます」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン