/

この記事は会員限定です

子実トウモロコシ試験栽培、水田転用探る 岡山

[有料会員限定]

農業法人のライスクロップ長尾(岡山県奈義町)はJA(農業協同組合)などと連携し、家畜飼料として実だけを収穫する「子実トウモロコシ」の試験栽培を始めた。外皮や芯部分まで取り除き、砕いて配合飼料にできるので幅広い家畜向けに出荷できる。面積あたりの労働時間が短いのも特徴。水田転作の選択肢として生育具合や生産性を分析し普及につなげる。

奈義町の水田が広がる一帯に、トウモロコシが人間の背丈を上回るまで成長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン