/

処理水の放出、重ねて反対表明 経産相に福島漁連会長

福島県漁連の野崎会長(中)は海洋放出反対を重ねて表明した(13日、福島県いわき市)

福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は13日、同県いわき市で梶山弘志経済産業相と面会し、東京電力福島第1原子力発電所敷地内にたまる処理水の海洋放出決定について「心から残念だ」と反対の意向を重ねて表明した。

野崎会長は廃炉の重要性を認めつつ「国も東電も、関係者の理解なしに放出は行わないとの方針を順守してもらえると信じていた」と強調。「漁業者は試験操業を経て本格操業を模索し始めたところだ。このような決定に驚いている」と伝えた。

梶山経産相は「会長の意見を受け止め、風評などの対策に取り組む」と語った。

面会後、野崎会長は記者団に対し「福島で漁業を続けることが我々のできる唯一の抗議活動だ。続けるための方策を会員とも協議しながら考えていきたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン