/

この記事は会員限定です

進む商店街のデジタル化 首都圏、新たな客層獲得へ

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

商店街にデジタル技術を導入する動きが首都圏で広がっている。新型コロナウイルス禍のもと、混雑状況を把握して客の安全確保や利便性向上を図るほか、来訪者の属性を分析して商品開発や新たな客層の獲得につなげている。課題を抱えた商店街のにぎわい創出に向けて、行政も支援策を打ち出している。

東京・六本木の目抜き通りに、洗練されたデザインの明かりが立ち並ぶ。地元の六本木商店街振興組合が2021年度までに33基設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン