/

埼玉・大野知事、コロナ専門病院を視察 「大変心強い」

公平病院長(左から2人目)から説明を受ける大野知事(右)

埼玉県の大野元裕知事は13日、新型コロナウイルス患者の入院を専門に受け入れる公平病院(埼玉県戸田市)を視察した。大野知事は8月末に専門病院への移行を決めた公平誠病院長らに対し「大変心強い」と謝意を伝えた。

公平病院は全68床で中等症患者を中心に受け入れている。院内は感染の可能性がある場所と安全な場所を分ける「ゾーニング」を施しており、大野知事は、患者が入院する本館や仮設病棟のうち、安全なグリーンゾーンから視察した。そのほか県内の感染状況や後遺症患者への対応などについて病院長らと意見を交わした。

公平病院長は「県内全域で患者を減らすことが必要。後遺症患者のほか、冬には感染者も増えるかもしれないが対応できるようにしたい」と話した。

大野知事は視察後、「後遺症に関する専門外来を県内でも一番初めに作ってもらうなど、同病院は極めて高い使命感や先を見通す力がある。様々な工夫をしながら受け入れてもらい、本当にありがたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン