/

京急の「パタパタ」引退へ 駅のレトロな発車案内

京浜急行電鉄はプレートが音を立てて回転し電車の行き先を知らせる駅ホームの発車案内装置を、2月中旬に廃止する。レトロさと「パタパタ」の愛称で鉄道ファンに人気があり、同社では京急川崎駅(川崎市)に唯一残っていた。引退記念のグッズ販売やツアーを企画している。

京急によると、正式名称は「フラップ式列車発車案内表示装置」で1986年に初導入。同社は最大10駅ほどに設置し、他の鉄道会社でも広く使われたが、発光ダイオード(LED)の表示装置に置き換えられ、姿を消しつつある。京急川崎駅に現存するのは、2001年設置の"2代目"という。

京急はパタパタを模した台紙とセットの記念乗車券やキーホルダー、定規などを販売する。2月4日の終電後には京急川崎駅でナイトツアーを実施し、参加者のリクエストに応じてさまざまな行き先を表示する。

鉄道各社によると、パタパタはJR東海が東海道新幹線の各駅に設置していたが、2013年に三河安城(愛知)で撤去し姿を消した。近鉄は藤井寺(大阪)など29駅で稼働しているが、今後は液晶画面に替える予定。阪急電鉄は岡本(兵庫)など5駅に残っている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン