/

神奈川県、エネルギーの地産地消で1事業採択

神奈川県は13日、エネルギーの地産地消を推進する事業の一環として、グリーンピープルズパワー(東京・新宿)が調達した電力を横浜市の特別養護老人ホームで使用する計画を採択したと発表した。県が事業費の一部を補助金として助成し、太陽光発電などの分散型電源への転換を促す。

県が実施する「地域電力供給システム整備事業」で、グリーンピープルズパワーを代表事業者とする計画を採択した。同社が共同実施事業者が運営する特別養護老人ホーム、愛成苑(横浜市)に太陽光発電設備や蓄電池を設置する。発電した電力は自家消費するほか、余剰電力を地域に供給して災害時などには非常用コンセントとして活用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン