/

この記事は会員限定です

スズキや浜松市など、運転行動と認知機能の関係研究

[有料会員限定]

スズキは13日、浜松医科大学(浜松市)や浜松市と連携し、自動車の高齢運転者の運転行動と認知機能の低下の関係性を研究すると発表した。運転行動の変化から認知機能の低下を早期に発見する技術の開発につながる可能性があるという。認知機能の低下に早期に対応し、安全に長く運転を続けられる社会の実現をめざす。

10月1日に実証事業を始める。浜松市民の疾病・介護予防、健康増進につなげる社会実証事業を手掛ける官民連携組織「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン