/

この記事は会員限定です

新潟県、なぜコロナ感染者少ない 2021年データで回顧

回顧2021 新潟県のコロナ対応

[有料会員限定]

新潟県は2021年、新型コロナウイルス対策で医療機関、企業や大学、30市町村などと各分野で連携し、人口あたりの感染者数を全国的にみても比較的少なく抑えた。ワクチン接種は全国でも有数の大規模接種と職域接種を展開した。入院待機者数ゼロ、入院外治療中の死者数ゼロを維持した。データで振り返る。

2020年12月17日に初めて発令したコロナ感染拡大への警戒水準を示す県独自の警報は年をまたぎ、21年7月1日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン