/

中部電力など、茶畑でCO2排出抑制の実験 廃棄物を炭化

中部電力など3者は脱炭素に向け、静岡県内にある2カ所の茶畑で二酸化炭素(CO2)削減の実証実験を始めた。畑の土壌に混ぜるもみ殻などの廃棄物をあらかじめ炭化させ、微生物の活動に伴うCO2の発生を減らせるかなどを検証する。

実験は12日から2025年9月まで菊川市と御前崎市にある計1700平方メートル程度の茶畑で行う。農作物の栽培過程で発生する枝葉やもみ殻などの廃棄物は土に混ぜて処理するのが一般的だが、微生物が分解する過程でCO2が発生することが課題だ。

廃棄物を土に混ぜる前に、酸素の少ない状態で蒸し焼いた「バイオ炭」に加工する。備長炭の製法と同じで、微生物に分解されにくくなりCO2発生の抑制が期待できるという。

中部電力とJA遠州夢咲(静岡県菊川市)、国立研究開発法人の農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が共同で行う。実際のCO2の削減効果や、茶葉の生育や品質に与える影響などを調べる。

実験ではバイオ炭の最適な配合量を調べるため1000平方メートルあたり100~500キログラムを混ぜ込む。2カ所に年間で計600キログラム程度を混ぜ込む予定だ。実験初日の12日には、中部電力の職員など関係者らが計380キログラムのバイオ炭を畑に混ぜ込んだ。

バイオ炭は製造過程でCO2を大気中に放出するが、炭化部分は土に混ざるためCO2を排出せず、年間700キログラムのCO2削減を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン