/

この記事は会員限定です

東京・北区の大河ドラマ館、客数急増 渋沢邸跡地

[有料会員限定]

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、渋沢栄一の邸宅があった東京都北区の「大河ドラマ館」が活況を呈している。今秋から入館者数が急増し、12月上旬に累計6万人を達成した。北区は渋沢ゆかりの地であることを地域振興に生かそうと、ドラマ終了後も他の自治体や経済団体との連携を続ける考えだ。

大河ドラマ館は同区と地元経済団体が2月に飛鳥山公園内で開館したが、新型コロナウイルスの感染拡大で入館者数が伸び悩む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません