/

この記事は会員限定です

水産業をDXで変える ウーオCEOの板倉一智さん

MyWay

[有料会員限定]

水産業にデジタルトランスフォーメーション(DX)を――。まだDXという言葉が定着していなかった2016年にウーオ(広島市)を設立、古い商習慣が残る業界の変革に挑んできたのが最高経営責任者(CEO)の板倉一智(39)だ。

ウーオが手掛けるのはスマートフォンのアプリを使って魚の受発注ができるシステムだ。売り手である全国の港の仲買業者と、消費地の卸、スーパーなどを結び付ける。水産業はアナログな世界で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン