/

山梨県、ワクチン接種の人材バンク

山梨県は新型コロナウイルスのワクチン接種を迅速に進めるため、医師や歯科医師、看護師、薬剤師らに登録してもらう「ワクチン接種人材バンク」を立ち上げた。これまでに約450人が登録した。

山梨県はワクチン接種の人材バンクを立ち上げた(山梨県庁)

医師会や病院機構などの医療機関から、医師190人、薬剤師133人、看護師・准看護師126人、歯科医師4人が登録済みで、歯科医師はさらに106人が追加登録される予定という。

県は8~9月に大規模接種センターを県内2カ所に設置する。学校や警察官、飲食店関係者など2万5000人を対象に接種を予定しており、県では人材バンクに登録した人材とワクチン供給の兼ね合いから、大規模接種センターの日程を調整してきた。

県は人材バンクに登録された人材を、求めに応じて自治体や職場接種、集団接種などに派遣している。県内の高校で6月にクラスター(感染者集団)が発生したことを受けて、県は7月3日と4日に急きょ集団接種のため10~20人の看護師を派遣したという。

今後の人材バンクの活用はワクチンの供給次第という。「ワクチンだけあっても、打ち手だけいても接種は進まない。両方がそろうよう人材の確保は進めていく」(県健康増進課)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン