/

この記事は会員限定です

弘前リンゴ生産、市職員の兼業容認 人手不足解消

[有料会員限定]

青森県弘前市は市職員がリンゴ農家で収穫などのアルバイトをできるようにする。人手不足に直面する農家を支援するほか、公務員でも副業という多様な働き方を実践できるようにする。地方公務員法では兼業が制限されているが、制度を整え10月の収穫期から働けるようにする。

対象は市職員全員。補助金交付など市と農家の間に利害関係のないことが前提となる。その上で①本業の勤務日のアルバイトは3時間以下②1週間で8時間以下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン