/

この記事は会員限定です

茨城のバス、利便性向上へ発進 デジタル発券や混雑表示

[有料会員限定]

人口減やコロナ禍の逆風が続くバスの利便性を高めようという試みが茨城県で始動した。茨城交通(水戸市)は次世代移動サービス「MaaS(マース)」を通じ、スマートフォンアプリで決済できるデジタル乗車券を発売。人工知能(AI)による乗車人数の解析も始めた。県は渋滞改善の社会実験に乗り出す。

スマホが乗車券代わり

茨城交通や関東鉄道(土浦市)など県内のバスや鉄道7社は「茨城MaaS」で連携する。各社の運行データを集約して共通基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1924文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン