/

朝どれ鮮魚を空路で大阪へ JALと愛媛県今治市が実験 

日本航空(JAL)は愛媛県今治市と共同で、旅客機の定期便と空港リムジンバスを使い、今治市で早朝に水揚げされた鮮魚をその日の夕方までに大阪市の飲食店へ運ぶ実証実験を始めた。

マダイやヒラメなど計10キログラムほどを発泡スチロール製の保冷容器に入れて、旅客機で運ぶ。今治市内から松山空港と、伊丹空港から大阪市内まではそれぞれリムジンバスで輸送する。

公共交通機関を活用した地元産品の販路拡大をめざす試みで、5月中に4回実施する予定。「やや輸送コストが増すが、高付加価値化を図ることができると考えている。実証実験の結果をみて今後の継続を検討したい」(日航松山支店)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン