/

和歌山・みなべ町、梅干しで産出額7割増「うめ課」奔走

データで読む地域再生 まとめ読み

8月13日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、基幹産業として地域を支えてきた農業の産出額を取り上げました。農林水産省のデータを基に2019年と14年の産出額を比べたところ、全市区町村の約56%に当たる974自治体が産出額を伸ばしました。「作ったものを売る」から「売れるものを作る」農業へ――。北海道から九州・沖縄まで地域ごとの動きを深掘りした記事を読むと、地域活性化のヒントが見えてきます。

和歌山・みなべ町、梅干しで産出額7割増 「うめ課」奔走

長崎・雲仙市、ブロッコリーの出荷8割増 自動で氷詰め鮮度保つ

岡山・新見市、独自飼料の「森林どり」人気 産出額伸び全国5位 

北海道・上士幌町、「十勝ナイタイ和牛」 特産のブランド磨く

長野・中野市、シャインマスカット実る 接ぎ木のノウハウ共有

愛知・大府市、肉用牛の産出額2.4倍 繁殖から出荷まで一環経営

栃木・那須町、野菜詰め「ふるさと愛情便」 商標登録も強化

青森・八戸市など、「青森県産牛」を世界に 若手農家が新組織

データで読む地域再生

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン