/

この記事は会員限定です

記録的円安、1都3県の企業苦慮「抜本的な対処法なく」

[有料会員限定]

13日の東京外国為替市場で円相場が一時1ドル=135円台前半と24年ぶりの円安・ドル高水準となったことを受け、首都圏1都3県の企業にコスト高騰などへの懸念が一段と広がった。原材料やエネルギーの価格高騰に加え、調達先の切り替えなどの影響も見られる。価格転嫁が難しいとされる中小企業などを中心に、収益環境への警戒感が強まっている。

円安は海外からの輸入に頼る原材料や飼料、エネルギーなどの価格上昇につな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン