/

福島知事「政府方針を精査」処理水の放出決定で

福島県の内堀知事(左)は梶山経産相と面会した(13日、県庁)

梶山弘志経済産業相は13日、東京電力福島第1原子力発電所の敷地内にたまる処理水の海洋放出の決定に伴って福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事と面会した。梶山経産相は「今回の決断は大きな責任を伴う。政府全体で責任を共有し取り組んでいく」と理解を求めた。

内堀知事は「処理水の問題は福島県の復興にとって重く困難な課題だ。今後、(政府の)基本方針を精査し、改めて県としての意見を述べる」と話すにとどめた。発言は30秒だった。処理水の処分を巡り、内堀知事はこれまで風評対策と正確な情報発信を政府に求めてきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン