/

この記事は会員限定です

千葉・地銀3行の実質業純増益、役務取引等利益が最高

[有料会員限定]

千葉銀行など千葉県内の地銀3行の2022年3月期決算が出そろった。本業のもうけを示す実質業務純益(単体)は前の期比で3行とも増益だった。法人向けのコンサルティング業務など役務取引等利益がいずれも過去最高となり、経費削減効果も出た。

実質業務純益は千葉銀が10%増の769億円、京葉銀行が9%増の183億円、千葉興業銀行が22%増の92億円だった。連結純利益も3行とも増益で、千葉銀と京葉銀は23年3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン