/

この記事は会員限定です

徳島のスーパー、就労70歳まで 中四国でシニア活用本腰

データで読む地域再生 

[有料会員限定]

中四国各県で高齢者の有業率が上昇している。都道府県別で見た65歳以上の高齢者の有業率(2017年)は鳥取県が全国16位、高知県が18位となった。12年時点と比較した有業率の増加幅では広島県や愛媛県が全国平均を上回った。自治体でシニアの就業を支援する動きが盛んになっており、定年延長に踏み切る企業も出てきた。

「最初は(短期の仕事を紹介する)シルバー人材センターと間違えられたが、徐々に定着してきた」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン