/

山梨県、富士山噴火時の溶岩流シミュレーション動画公開

(更新)

富士山が噴火した際に影響が出る地域を示したハザードマップの改定を受け、山梨県は13日、山梨県側の火口から溶岩が流れる様子をシミュレーションした動画を公開した。想定される火口ごとに動画を制作し、48時間以内に溶岩流が到達する範囲を、それぞれ2分間の動画で示した。

動画は県防災局火山防災対策室のサイトから見られる。「48時間を2分間の動画とするため、溶岩流の速度を1440倍で表現しているが、実際の溶岩は人が歩くほどの非常にゆっくりな速度で流れる」(火山防災対策室)と説明している。

小規模溶岩流については、山梨県側に溶岩が流れる可能性のある41カ所すべての火口からの溶岩流シミュレーション動画を制作した。中規模、大規模については、小規模より早く市街地に到達する可能性があるケースなどに限って5パターンずつ制作したという。このほか、1度の噴火で複数の火口から同時に溶岩が流れる場合もあるため、3つの火口から噴出する動画も制作した。

山梨県は今後、動画を各市町村に配布するほか、市町村の住民説明会などでも動画を使って解説していくという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン