/

この記事は会員限定です

保育所休園時に「代替保育」 自治体、社会機能を維持

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新規感染者が全国で20万人を超える日もあるなか、東京都町田市などが保育所の休園時に児童を一時的に預かる「代替保育」を用意している。感染の「第6波」では休園が相次ぎ、自分の子供は感染していなくても預け先がないため仕事を休む保護者が多くいた。休園期間の短縮も含め、社会機能の維持に向けた取り組みが広がる。

町田市は第6波で感染が拡大していた2月に代替保育を導入した。濃厚接触者の特定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン