/

横浜市長に野党系・山中氏 IR「誘致行わない」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
当選を確実にし、あいさつする山中竹春氏(22日夜、横浜市)

任期満了に伴う横浜市長選が22日投開票され、無所属新人で元横浜市立大教授の山中竹春氏(48)=立憲民主党推薦=が、元国家公安委員長の小此木八郎氏(56)、現職の林文子氏(75)ら7人を破り、初当選を決めた。

投票率は49.05%。2017年の前回より11.84ポイント上がった。

山中氏は22日夜、記者団の取材に応じ、カジノを含む統合型リゾート(IR)への対応について「横浜市として誘致は行わない。この宣言を早期に出す」と表明した。市長就任後、速やかに誘致を撤回する手続きに入る意向も示した。新型コロナウイルス対策では、ワクチン接種の加速や治療機会の確保などに取り組む考えを示した。

横浜市長選で過去最多となる8人が立候補した。IRの誘致の是非が主な争点となった。

IRの撤回を訴えた山中氏は立民のほか、共産、社民両党の支援を受け「野党共闘」の候補として支持を広げた。

小此木氏は市内に選挙区のある菅義偉首相が支援した。自民党の市議の大部分と公明党の支援を固めたが、及ばなかった。3期12年の実績とIR誘致推進を掲げた林氏も伸び悩んだ。

政治・外交 最新情報はこちら

やまなか・たけはる=早大院修了、九州大医学部付属病院、国立がん研究センターなどを経て、横浜市立大医学部教授。埼玉県出身、48歳。

◇横浜市長選開票結果    
当506392山中 竹春 無新
325947小此木八郎 無新
196926林  文子 無現
194713田中 康夫 無新
162206松沢 成文 無新
62455福田 峰之 無新
39802太田 正孝 無新
19113坪倉 良和 無新
       (選管最終)〔共同〕

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン