/

この記事は会員限定です

神奈川の私鉄、コロナ禍で問われるビジネスモデル

変わる神奈川の交通網(下)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で、神奈川県内に事業基盤がある交通事業者の経営環境は大幅に悪化した。各社はダイヤの減便や一部事業の撤退・売却といった見直しを迫られ、好調な不動産事業などに収益を依存する構図が続いた。将来を見据えたターミナルや沿線の再開発などの事業を控え、メリハリのあるかじ取りが重要となる。

2月中旬にかけて県内で営業する私鉄各社(東急小田急電鉄京浜急行電鉄相鉄ホールディングス)が発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン