/

この記事は会員限定です

気候変動、地域への影響に理解を 首都圏自治体が啓発

[有料会員限定]

地球温暖化などの気候変動が地域に及ぼす問題を理解してもらおうと、首都圏1都3県の自治体が住民向けの啓発活動に力を入れている。各地で対策計画の策定や情報発信拠点の新設などが相次ぎ、住民向けに周知をはかっている。熱中症や農産物の作況など身近な問題から温暖化に対する意識を高めてもらう考えだ。

2018年に国内の観測史上最高の気温41.1度を記録した熊谷市がある埼玉県は、同市を含む県内5市とともに温暖化や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン