/

この記事は会員限定です

岩手は地熱でバジル生産 東北の農業、再エネ活用進む

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

東北地方でも、農業に再生エネルギーを活用する取り組みが進む。農林水産業の過去10年間のエネルギー消費削減率が全国でも上位となった岩手県では、八幡平市で岩手山の地熱を活用したバジルの生産が本格化している。宮城県では工場自家発電の排熱を利用するパプリカの省エネ生産など農商工連携が加速している。

東北6県のうち、農林水産業産出額1億円当たりのエネルギー消費を2019年度までの10年間で最も圧縮したのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン