/

この記事は会員限定です

スマート農業で時短・収量増 鳥取2農場、データ化カギ

[有料会員限定]

鳥取県で始まったスマート農業で、農家の労働時間短縮や収量増といった成果が出てきた。ドローンを使った肥料散布や全地球測位システム(GPS)を利用した直進アシスト機能付きの田植え機、土壌の衛星画像解析などが主力だ。作業負担軽減や適切な追肥ができるようになったことが奏功している。

田中農場(鳥取県八頭町)では4月から完全週休2日が実現した。20年春に農業用ドローンを導入し、水稲へのミネラル散布に使うよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン