/

この記事は会員限定です

塩沢信組、宿泊業者のコロナ禍の課題解決探る

[有料会員限定]

塩沢信用組合(新潟県南魚沼市)は13日、同市で約20の宿泊業者などと「安心衛生サミット」を開き、新型コロナウイルス禍の事業展開や資金繰りなど課題解決策を探った。小野沢一成理事長は「日本政策金融公庫、新潟県信用保証協会との連携を強化し三位一体で取り組む」と述べ、融資条件変更や返済猶予などの相談に3者で協力すると強調した。

参加した宿泊業者らの間で、ワーケーションや長期滞在などの情報、農園の土地貸し出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン