/

この記事は会員限定です

サッカー靴自社生産へ一歩 BMZ、若き職人の思い力に

[有料会員限定]

高機能インソール(中敷き)を製造するBMZ(群馬県みなかみ町)がサッカーシューズの自社生産へ一歩踏み出した。製造を委託していた工場が生産を中止したため、同工場から靴製造の機械一式を中古で買い取った。サッカー経験者で靴づくりを学んだ若き職人、須藤滉大さん(22)の思いがこもった新作シューズの発売にこぎ着けた。

BMZのシューズは、小指と薬指の根元の骨とかかとの骨の間にある「立方骨」を支えるのが特徴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン