/

ウェスティンホテル横浜開業 MICE需要取り込みへ

横浜市のみなとみらい(MM)21地区に「ウェスティンホテル横浜」が13日開業した。米マリオット・インターナショナルが運営し、地上23階建て客室数は373室で国内のウェスティンブランドのホテルは6軒目。健康やSDGs(持続可能な開発目標)をコンセプトにしており、本格的なビジネス・観光、国際会議などの「MICE」の回復を見据え、滞在の需要を取り込む。

同ホテルはみなとみらい線みなとみらい駅から徒歩6分の場所にあり、近くにライブ施設「ぴあアリーナMM」や国際展示場「パシフィコ横浜」があるエリア。5つのレストラン・バーや宴会・イベントスペースのほか、ウエディングやヨガイベントなどが開ける屋外の多目的スペースや広いクラブラウンジを設けた。ホテルで使う食材の多くを神奈川県近隣の地産地消でまかなうとしている。

積水ハウスが建設にあたった。同じ建物内にはケン・コーポレーション(東京・港)系が運営し、5月に開業した長期滞在型のホテル「アパートメントベイ横浜」(201室)も併設している。

マリオットの日本・グアム担当のカール・ハドソン氏は、羽田空港や東京に近いというアクセスの良さを指摘し「訪日客も年末には通常に戻ると見ている。いまも海外からの日本への旅行需要は大きい」と期待を述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン