/

この記事は会員限定です

岡山・新見を「千屋牛」で元気に 田中実業の田中さん

MYWAY

[有料会員限定]

岡山県北西部、新見市の山の上に和牛のルーツとされる「千屋牛」を放牧している一帯がある。営むのはガソリンなどの販売を手掛ける地元企業の田中実業。社長の田中康信(45)は「新見を豊かにしつつ自社の発展につながるのが理想」と話す。

千屋牛は歴史を江戸時代にさかのぼる新見の特産だ。田中実業はグループ会社の「いろりカンパニー」を2016年に立ち上げ、市内2つの牧場、計約40ヘクタールの土地で130頭ほどを育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン